【劇的にマズイと言われるトラザメを釣って食べる-実食編-】






【劇的にマズイと言われるトラザメを釣って食べる-実食編-】

福島県において年間約1tも混獲され、廃棄されるトラザメ。

トラザメ ダブルヒット マチャ いわき 小名浜港 釣り.png

食用としての価値はなく、劇的にマズイと聞くが、それがどの程度のものなのか・・・

それを確かめるべく、地元小名浜港でこのトラザメを釣獲しにいき、8匹のトラザメを釣り上げる事に成功。

DSC_0204.jpg

さて、このトラザメをこれから食べるのだが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・さて、持ち帰ったがこれをどう料理しよう・・・

DSC_0207.jpg

あまり料理のレパートリーがない私は、常日頃からチームにコックが欲しいと切に願っている。


しかし、今日は私がやるしかあるまい・・・


料理をするにあたって、私の持論をいくつか紹介したい。

①結局、魚は素揚げにしちゃえば、なんでも美味い説
②魚は刺身が一番うまい説。
③その魚種の王道料理は絶対外れない説。

・・・である。

つまり料理のレパートリーは、①素揚げ、②刺身、③カマボコを作ることにした!


そんなわけで、調理開始!

トラザメ 料理前.png

お腹を裂いて内臓を取り出し、本当は皮も剥いで揚げたいのだが、手では引けない感じだったので・・・

マチャ トラザメ 料理!.png

そのまま油の中へドーン!

DSC_0223.jpg

浜口スタイルと勝手に呼んでいる・・・


その間、他の料理の準備に下ろしていく。

ここで驚いたのは可食部(食べられる部分)の少なさ!

大きいのは頭と内臓であって、身が全然ないのだ。

40~50㎝のトラザメから取れる身はこれだけ。

トラザメ 可食部.png

トラザメ 可食部2.png

捌くのが非常に困難なのは、皮がサメ肌なので、ヤスリ状になっており、指をこすってしまうと劇的に痛い。

そんなこんな苦労の末、身をなんとか全て取り出した。

DSC_0225.jpg

そして、一つは刺身!

もうひとつはカマボコの準備と移る。


刺身は切りつけて完成!

トラザメ 料理 刺身.png

ちなみにその頃には素揚げも完成!

トラザメ 料理 素揚げ 釣りキチマチャ.png

あとは、カマボコなのだが、これが非常に困難であった。

まずみじん切りにした切り身を水で強くごしごし洗い、何度も水を変えて洗っての繰り返し、そしてすり鉢で潰していく・・・

DSC_0289.jpg
【みじん切りにして・・・】

DSC_0290.jpg
【水洗いして・・・】

DSC_0291.jpg
【すり鉢ですっていく・・・】


30分後・・・

DSC_0292.jpg

そして1時間後・・・ようやくなんとか。

DSC_0294.jpg

ここで忠告がある。カマボコ作るなら、すり鉢でやるな!
フードプロセッサーがないのならカマボコなんて作ろうとは絶対に思わないで!

ここで、卵白、片栗粉、塩、みりんを入れてまたこねる。


うんざりである。


そして、なんとかそれらしくなったので、板に乗せて1時間程常温に放置し、熟成させる・・・

DSC_0297.jpg

その後、蒸す! 15~20分!

DSC_0298.jpg

あとは完成を待つだけ!



そして15分後・・・




なぜこうなった!!!??!?!?




・・・これがカマボコ?認めん!あたし認めないよ!??!?!?




なんですかこれ!?




どこがカマボコ?




こんなのただのボコボコですよ!
DSC_0300.jpg

・・・ここで忠告がある。カマボコ作るなら、すり鉢でやるな!
フードプロセッサーがないのならカマボコなんて作ろうとは絶対に思わないで!(2回目)


それでもこのカマボコの量を取るのに7匹のトラザメを使っている。

7匹分の命の重みだ・・・大事に食べようじゃない!

トラザメ 料理 蒲鉾 カマボコ かもぼこ マチャ.png

さて、料理も終わったので実食!


淡々と行くぜ!

まず素揚げ!

DSC_0233.jpg

まずは骨せんべいから!
軟骨魚類ですからね~!骨もやわらかくておいしいかな~♪

トラザメ 骨.png

それでは・・・

トラザメ 骨 食べる.png

カリッ!


・・・ん~・・・マヨネーズと醤油を混ぜたものがあれば行けるかな・・・
けっしてこの物が美味しいというのではないが、食べれなくはない。

骨 微妙.png

では次に素揚げ!

トラザメ 料理 素揚げ マチャ.png

そのまま齧りつくスタイルから!


ガッ!

素揚げ 食べる.png

・・・ん~っとね・・・皮のザラザラ感が圧倒的に邪魔してきて美味しいとかが先に来ない。

素揚げ まずくはないけど.png

なので、皮をよけて身だけを取る・・・

DSC_0251.jpg

・・・が、ここで新たな発見!

魚ならほろりと身が取れるじゃない? でもこのサメの身を表現するなら「ベタッ」「ネチャ」「グチャ」「ドロッ」的な表現が正しい気がする。

ほろりと取れないので、取りにくい。

かき集めて、食べて見ると・・・

DSC_0254.jpg

・・・うん!案外美味い!食感は良くないが悪くない!

素揚げ 身だけは結構うまい.png

さて、次は王道の刺身!

DSC_0273.jpg

見た目は案外行けそうですな・・・


では実食。

DSC_0281.jpg

ふむふむ・・・


・・・うぅん!?。。。!!!!!!?

ダメだこりゃ!

DSC_0285.jpg

最初は良かったのだ!口に入れた瞬間は・・・ただ噛みしめていくうちに変な臭い、臭みが押し寄せてきて口いっぱいに広がる臭み・・・

・・・これがアンモニア臭というものなのか・・・

刺身は全然無理でした。


しかしね、私にはまだ残されたものがあるわけです!

このアンモニアを水でよく取り除いたカマボコ・・・いや、ボコボコが!

DSC_0307.jpg

アンモニアさえなければ美味しいはずなのだ!

つまりこのカマボコ・・・いや、ボコボコは美味いに決まっている!


そんなわけで実食。

DSC_0309.jpg

・・・ここで忠告がある。カマボコ作るなら、すり鉢でやるな!
フードプロセッサーがないのならカマボコなんて作ろうとは絶対に思わないで!(3回目)


・・・普通にマズイよ・・・

DSC_0315.jpg

刺身に比べれば変な臭みは薄れてはいるけど、それでも臭いし決して美味しいとは言えない・・・

とりあえずこのカマボコ・・・いや、ボコボコに関しては私の料理の腕不足が大きな原因の様な気もするが・・・とにかく今まで食べた珍食の中でもっともマズイ魚種です。


カミツキガメの串焼きが今なら美味しく感じる事ができるかもしれない!
ティラピアの皮だって今ならいける気がする!

・・・そういうレベルです。


トラザメが食用として利用されない理由がしっかりとわかりました。


釣り味はよいですが、調理の面倒臭さや味を考えれば釣れてもリリースが妥当かもしれません。ちなみに観賞用としては人気もあるので、小型が釣れたら家に持ち帰って飼っても良いかもしれません。


最後に・・・ここで忠告がある。カマボコ作るなら、すり鉢でやるな!
フードプロセッサーがないのならカマボコなんて作ろうとは絶対に思わないで!

DSC_0316.jpg



はぁ・・・チームにコックがほしいです(涙)

【関連】