【菅スプーンのオーナー「菅野さん」に釣りを教わって来た!-本流編-】






【菅スプーンのオーナー「菅野さん」に釣りを教わって来た!-本流編-】

夏井川水系支流にて、菅スプーンのオーナーであり、私の憧れである「菅野さん」直々に渓流釣りをご教示頂き、感極まるほどの感動を覚え、私とヨッシィは支流を後にしたのだが、次のフィールドは、ミスターが大好きな「本流」
本流釣りのむずかしさは、小渓流とは比べ物にならないという。
そんな難易度をいきなりあげられ、非常に不安な私だが、優秀なアドバイザーと、伝説の釣り人が一緒ならばと、とりあえず後にくっついていくのだが・・・

bandicam 2017-04-10 16-30-33-526.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夏井川本流。

RIMG1846.JPG

小渓流に比べると、流れも速く、狙う場所もだだっ広く(本来は限られているらしい)、何処狙えばいいんだよ~って感じだ。

魚が何処にいるかなんて全然わからん。


ミスターや菅野さんが最初に川の様子をチェック。


私は後から付いていくと、本流釣り開始直後だというのにハプニングが起きた。


マチャ「う、うわぁ~!」

マチャ転落.png

バシャ――――――ン!!!!

マチャ 転落.png

bandicam 2017-04-10 16-28-46-421.jpg

・・・また転んだのだ。

川の石がとても滑った・・・会話に夢中で足元の注意が薄れたのだ。
・・・本流釣り・・・はじめの一歩を踏み外した。(上手い?)


そしてビッショビショ・・・
カメラが水没・・・つまり撮影不能。



により、ヨッシィのカメラから一部画像を貰い書かねばならないという参事。


・・・なさけない。

・・・格好悪い。


ミスター、菅野さんが釣りまくっている。しかし、私にはそれを伝える画像がない(涙)


ヨッシィが釣っているのはあった。

bandicam 2017-04-10 16-32-05-650.jpg

bandicam 2017-04-10 16-32-50-730.jpg

そして、ヨッシィが気を使ってくれて、送ってくれた私の画像。

夏井川本流 ヤマメ釣り.png

そう。本流ヤマメ・・・私も釣ったのだ。
ミスターのアドバイスの元、釣り上げたのだ・・・


しかし、この感動を伝えられない・・・文字だけでは・・・


なので、この記事はここで、〆、もう間もなく完成するであろうヨッシィが編集した動画にこの釣りの内容を託そうと思う。

1.png

素晴らしい釣行だった!


菅野さんの考え方を学び、技術を真似し、渓流釣りがまた一歩・・・いや、本当の意味での渓流釣りの「はじめの一歩」を踏み出した・・・そんな日であった。
本流釣りは踏み外したくせに・・・そう思った人・・・いつかビンタします(笑)



マチャ「菅野さん、今日は本当にありがとうございました! 菅野さんにポイントを教わりながら、今とりあえず釣れましたが、実際実力で釣れと言われても今は・・・ですが、釣り方や考え方、技術やらなにもかも、初めは請売りでも、いつかそれらが自分のモノになればいいなと思ってます。今後とも是非よろしくお願いします。」

菅野さん「そうだね。はじめは誰もが何もわからないところから始まる。そして、まず偶然に釣れて、何故釣れたかを考える事を重ねる事で、“釣れた”という偶然から“釣った”という必然になってくる。人の原理ではなく、魚の原理を理解しようと心掛け、自然に目を向け、そして言葉を持たぬ魚の言葉に耳を傾ける。それを追及していく事でかならず釣りは上手くなる。 もうある意味では君はほんの小さな部分では、“自分のモノ”になったんじゃないかな? 俺が言った事を再現して、釣って見せてくれたでしょ? あれはまぎれもなくアドバイスした事を表現した君が釣った魚なわけだ。今度はそのアドバイスを思い出して再現できたなら、それはもう君のモノになってるという事だよね。 釣りが上手くなりたいのなら、疑問をもち、考える事を止めずに、答えを追い求めていく事を続ける事だ。」


大切な教えを頂いた。
言葉一つ一つが宝物のように私の胸の中に輝きながら、すんなり入って行くような錯覚を覚えた。

人見知りで、人が恐くて、人に心を開かない私だが、素直に人の話を聞ける。純粋に受け入れられる…そんな方だった。

私は非常に貴重な時間を凄し、また前進できると自信を持つ事ができた。


菅野さんは、最後に自分のワレットを取り出し、好きな菅スプーンを一枚あげるよっと、私とヨッシィに差し出してくれた。

私は、ワレット中で迷わず“一番ボロボロの菅スプーン”を選んだ。
それを手にすると、菅野さんが「あ!それ持っていくの!?」
裏付けがあった。
これだけボロボロって事は、このワレットの中で、一番よく使われているという事だ。
長い時間、菅野さんと旅をしてきた子なのだろう。
沢山の魚を掛けてきたのだろう。
多くの念が宿っている事だろう・・・それならば、その想いを・・・どうか、私に・・・
そう思い、迷わず手にした。
この子を私が使えるのは、ずっとずっと後の事になりそうだ・・・また菅野さんに会った時、かならず菅野さんに会わせてあげる事を約束するから・・・その時まで、君は私のワレットの中で、おやすみ。
DSC_1935.jpg


菅スプーンの、今年のセミナー(4月23日 四時大橋の下にて)に参加できないのは残念だが、菅野さんに、特別に時間を作っていただいたことがとても嬉しかった。私はこの日の出来事を一生忘れないだろう。

DSC_1872.jpg
【菅スプーン オーナー:菅野さん】

2017.04.08

【前篇】
菅スプーンのオーナー「菅野さん」に釣りを教わって来た!


【告知】
REIN'S(レインズ)の【釣りの日はいつも雨-ツリアメ-】菅スプーンを使った渓流釣りの特集、近日公開!
菅スプーンをまだ使った事がない方は、是非動画を見てからでも良いので、お試しください!
渓流釣りに非常に力になってくれる最強アイテムです!