【最も有名な外来魚「ブラックバス」を食べる -前編-】






【最も有名な外来魚「ブラックバス」を食べる -前編-】


釣りをしない人でも、一度は聞いたことがあるであろう外来魚「ブラックバス」

DSC_3961.jpg

生態系に悪影響を及ぼす事を懸念されていて、「悪い魚」というイメージを強く植えつけられた可哀相な魚である。


今となっては、国をあげて駆除に力を入れているが、それにしても、もう少し「命」に敬意を払ってもらいたいものだ。


そもそも、駆除というか、ブラックバスって食べれば美味しいと聞いた事があるけれど、それが本当ならば、食用になる道もあり、無駄死にするはずだった魚達の「命」も役にたてられるというものだ。


そんなわけで、今回ブラックバスを食べる。


これが、今回のミッションである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さてさて、ブラックバスを食べるにしても、まずそのブラックバスを入手しなければならない。


そこで、私はREIN’Sのメンバーである「タケダ君」の力を借りる事にした。

DSC_4044.jpg
【REIN'S 釣獲係 タケダ君】

彼が最も得意とするのが、今回のターゲットであるブラックバスなのだ。

彼がいれば、食材の調達は出来たも同然である。


・・・しかし、そうそう上手くは行かないもので、釣行一日目。

DSC_4022.jpg

あまり良いサイズのブラックバスを入手することができなかった。

DSC_4007.jpg

小さくても良いのだが、個人的な意見で数多くの命より、大きな魚1匹の命を頂戴する方が、ポリシーに合っていたのだ。


結果、一日目は失敗。


タケダ君は難しいコンディションの中釣ってくれたが、二日目の釣行でまた釣り直しを強いられた。


そして、釣獲二日目。



私も参戦。

CSC_4110.jpg

スピナーで、広く狙いながら30㎝台のバスを狙う。

ワーデン ルースターテール ロースターテール.png

そして、釣行間もなくしてタケダ君が釣り上げる。


得意の「ファットイカ」を使っての一本!

REIN'S タケダ ブラックバス.png

マチャ「これなら、良いサイズだけど、もう一匹お願い。」
タケダ「わかりましたぁ(>_<)」


すると、ここで時々私に声を掛けてくれる中学生アングラー二人が登場!


中学生「こんにちは!」

DSC_4046.jpg

マチャ「おぉ~!お前達~!元気かい?ところで・・・今日は竿持ってるか?(笑)」

中学生「え・・・持ってますけど。」
マチャ「よし、組みたまえ(笑) 釣りを教えてやろう・・・」

中学生「・・・。」

11.png

思わぬところで手数が増えた・・・ラッキーである。


ノベザオで釣りをしていた中学生ふたりの力をかりてブラックバスを調達する事を考える!
餌釣りなら、そこにブラックバスがいればすぐ釣れる・・・はずだ!


ミミズを一緒に掘って・・・

DSC_4066.jpg

DSC_4070.jpg

いざ!

DSC_4060.jpg


一方、私はと言うと・・・疲れている。

釣りキチ・マチャ ブラックバス 食べる.png

暑くて・・・


とはいえ、私も釣りをせねばなるまい。


そして、釣りをしていると・・・・


中学生Y「マチャさん!釣れました~!」


マチャ「よぉし!良くやった!・・・って、それ違う!」

DSC_4064.jpg

ニゴイだった。


気を取り直して釣りをしてると・・・
中学生S「マチャさん!釣れました!」
マチャ「よぉし!良くやった!・・・って、それ違う!!!」

DSC_4073.jpg
・・・チチブだった。


気を取り直して釣りをしてると・・・
中学生Y「マチャさん!釣れました!」
マチャ「よぉし!良くやった!・・・って、それ違う!!!!!!」

DSC_4072.jpg
・・・ブルーギルだった。


おおおおおおい!お前達!!!!


ブラックバスがほしいんだよ!


他はいらないよ!!!!


とはいえ、ミミズを流しても釣れない川か・・・


ここは、私が一肌脱ぐしかなかろう・・・


そして、ようやく釣りを開始すると・・・


2投目・・・


ゴン!


ジジジジジジジ!!!!


デカい!


マチャ「っしゃきたぞ~!!!! お前達、これがバス釣りじゃ~!!!!」




・・・


・・・



・・・


DSC_4078.jpg
・・・シーバスだった。



マチャ「な・・・バス・・・だろ。」

釜戸川 藤原川 いわき シーバス.png

中学生「え、ええ・・・」


ここで、中学生達が帰宅の時間。


ミッション失敗というより、私にチクチク攻撃され、ショボーンとする中学生(笑)

22.png

バイト代のコーラくらい冷や汗をかいていた事だろう(笑)
DSC_4071.jpg

そして、中学生達は行ってしまった。



やばい・・・


まだブラックバスが1匹しかいない。



・・・残り僅かな時間。



焦る私とタケダ君。



そして、私にヒット!!!!


ッしゃ!来た~!!!!


DSC_4088.jpg
・・・シーバスだった。



違う。・・・ブラックバスが欲しいのだ。




そして、タケダくんにヒット!

DSC_4087.jpg
・・・小さい。


これは料理しにくい・・・




タイムリミットまであとわずか・・・



またしても、私にヒット!


DSC_4093.jpg

・・・シーバス。


どんどんサイズダウン。



しかし、シーバスをいくら釣ってもしかたないのに、ここでタケダ君の浮気心発動。


タケダ君「マチャさん!!!シーバスめっちゃうらやましいです!!! 俺もシーバス釣りたい!」

マチャ「え・・・。あ、いや・・・だから今日はバス・・・」


タケダ君「マチャさんがスピナーで釣ってるから・・・あ!これならいけるかも!」

チョイスしたのは、チャターベイト。

DSC_4104.jpg

正直なるほどって思ったよね。
この判断力が釣果のカギだよね!



そして、その時が来た。


バッシャーン!!!!

hjhjkhi.png

遠くにいても聞き取れる水面で抵抗する大型の魚の様子!



そして・・・

REIN'S タケダ ブラックバス2.png

タケダ「マチャさん!!! やりました~!!!! ・・・シーバスじゃないけど。」
マチャ「良くやったぞ~!!!! ・・・あ、いやだからシーバスはいいって(笑)」



物凄い集中した釣行。
時間ぎりぎりでのミッション成功。



タケダ君が釣った2匹のブラックバスと、私が釣ったシーバスで、ブラックバスとシーバスの食べ比べをしようと3匹持ち帰り、調理する事にした。

bas.png

これから、いよいよ調理して実食するわけだが、それは「後編」で。

最も有名な外来魚「ブラックバス」を食べる -後編-
ブラックバス 寿司.png