【桜川の野鯉釣り】






【桜川の野鯉釣り】

茨城県水戸市にある有名な観光スポット「偕楽園」

目の前には千波湖があり、景色がとても良い。


その偕楽園と千波湖の間を流れる川の名は「桜川」

カッパの目撃談があった事もある川でもある。

桜川は那珂川に合流する河川で、ブラックバスを釣るポイントとしても知られている。
そんな桜川に私達は訪れた。

bandicam 2018-01-16 14-50-41-977.jpg

以前からこの場所で鯉釣りをしてみたいと思っていたのだ。

川を覗くと、この季節でもちゃんと鯉が元気に泳いでいるのが確認できる貴重なポイントだ。

bandicam 2018-01-16 14-50-48-543.jpg

あわよくばソウギョ等もいないかな~と探しては見たが、鯉以外には見つからなかった…


さて、この鯉を釣る!

パンで。

水戸 桜川 釣り 偕楽園 鯉2.png
【左:ミスター 右:タカ】


マチャ「よし兄貴(タカ) 鯉を釣る役は今回任せよう!」
タカ「いやぁ~この場所じゃ・・・」


bandicam 2018-01-16 14-51-27-959.jpg

・・・


偕楽園と千波湖を繋ぐ橋の下で釣りをしていたため、ギャラリーが無駄に多かった…

その雰囲気に釣りをする気に慣れないタカ・・・



ならしかたない・・・俺がやるか・・・
桜川 マチャ 鯉釣り.jpg

私は案外そういった人の目をあまり気にしないタイプなのだ!


しかし、道具をセッティングしていると、やはりタカがやりたくなって来たらしい。


彼に任せてみる事にした。

bandicam 2018-01-16 14-50-52-289.jpg


撒いたパンを食べる鯉達の様子を見ているとついつい釣りたくなるのは釣り人の性なのだ。


しかし・・・


大苦戦。


そう。


パンプカは慣れてない人には案外難しい釣りなのだ。

bandicam 2018-01-16 14-50-57-974.jpg


パンプカ釣り(鯉釣り)で大事な事は、まず気配を消す。
鯉は飼いならされているわけではない自然の魚なので、人の気配が近くに感じれば距離をとって隠れてしまうからだ。

次に、飛距離。

パンは軽い為にラインをPEにして飛距離を出したり、飛ばしウキを付けて遠投できるようなものが好ましい。

そして、フルキャストしても獲れないパンの付け方。


一度水に付いたパンは二度とキャストできないので、効率を考え無駄のないポイントに打ち込んで自然に流す…


等、ポイントを上げればまだまだあるが、このくらい慎重にやらねばならないのがパンプカ釣りなのだ。




遠くから聞こえる兄の嘆きの声。

bandicam 2018-01-16 14-51-00-654.jpg


延々と繰り広げられる鯉との追いかけっこ。

bandicam 2018-01-16 14-50-55-355.jpg


吹き付ける風が徐々に冷たくなってくる。

水戸 桜川 釣り 偕楽園 鯉3.png


パンに鯉は反応しているぞ・・・



釣ってくれ・・・




・・・



そして、ようやく・・・




ミスター「あ、掛かった!」


この嬉しそうな顔(笑) 彼の苦労が報われた瞬間である(笑)

bandicam 2018-01-16 14-51-10-576.jpg


掛かっていた!
bandicam 2018-01-16 14-51-13-649.jpg


薄々感じてはいたが、この桜川の鯉は小さい個体が沢山いた…

そして、その小さな個体が掛かったようだ。

少し時間がかかったが、真鯉ゲット!

水戸 桜川 釣り 偕楽園 鯉.png

なかなか苦労した釣りとなってしまった…



その後、もう一匹くらいと思ったが、遠征の帰り道だった我々に体力は残されておらず、無言で現場を後にした。


また桜川にはバス釣りも来るし、近くの千波湖でも釣りをしてみようと思います。


1月の極寒期ですが、パンプカで鯉釣りが楽しめる川です!是非足を運んでみてください!


2018.01.14
場所 :桜川


【関連】