【ハウル】






【ハウル】





ハウル…ごめんね、あたしぐずだから。ハウルはずっと待っててくれたのに…








だってあたし、あなたを愛してるの!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



先日の事だ。


私はミスターと二人でサーフの様子を覗きに行って来た際に、思いがけずに良い釣果に恵まれた。

ミスター レインズ 釣り マゴチ サーフ2.png

釣りキチ・マチャ 釣り マゴチ サーフ ルアー.jpg


気を良くした我々は、他のメンバーにもサーフで釣りをさせてあげたい気持ちになり、メンバーに連絡!



そして、今回われわれはタケダ師と共に再びサーフに訪れた。


bandicam 2018-05-15 07-42-13-370.jpg


おいタケダ師!
いったいそれはなんだい???

ここは海だぞ?

REIN'S タケダ師.png
【REIN'S タケダ師(スピナベの貴公子)】


タケダ師「スピナベは何でも釣れますからw】

マチャ「さすがだよ・・・」




彼は確かに様々な魚をスピナーベイトで釣っている。
しかし、サーフ初挑戦でスピナーベイト!

しかし可能性があるのも事実。






私は彼と共に入水。


そしてタケダ師のサーフデビュー!

bandicam 2018-05-15 07-42-31-613.jpg


この時点でミスターはまだ来ていなかった。



そして、しばらくした時だった。




私の竿にアタリが!!!


ゴンゴンと引く感じがたまらない!!!


上がってきたのは40オーバーのマゴチ!!!

いわき サーフ マゴチ  マチャ02.png

bandicam 2018-05-15 07-42-18-433.jpg

このサイズであんなに引くのか・・・凄い・・・



タケダ師「マチャさんすげ~!!! ルアーは何使ったんですか!?」
マチャ「カルシファーだ!」



????
o064006401363179914781.jpg




マチャ「・・・ハウルだ。」

bandicam 2018-05-15 07-42-23-271.jpg
【ビーチウォーカー・ハウル】




タケダ師「マチャさんルアーいっぱい持ってますね? どんだけあるんですか?」

マチャ「自由に生きるのに要るだけ…」


タケダ師「????」




タケダ師「サーフではこのルアーよく使うんですか?」
マチャ「・・・いや。でも人気がある。・・・・ルアーボックスに忍ばせて永遠に使わないと思っていた… 魔がさして使ってみちゃったら釣れた…。」

タケダ師「・・・。」
マチャ「ハウル…ごめんね、あたしぐずだから。ハウルはずっと待っててくれたのに…」

タケダ師「・・・。」



なんとなく変なテンションで釣りを続けるが魚はその後釣れず、少し時間が経った頃。

bandicam 2018-05-15 07-42-34-869.jpg



ミスターがやってきた。






ミスター「釣れた~?」

マチャ「マゴチ一匹です~!」


ミスター「何ルアー使ったの?」
マチャ「カルシファーです」

ミスター「・・・。ハウルね。」
マチャ「・・・はい。」


そして、彼は来て早々に・・・


いわき サーフ ヒラメ ミスター マチャ02.png


天才とは思っていたが、ここまで天才かよ!


いわき サーフ ヒラメ ミスター マチャ.png



タケダ師「すげぇ!!!! ミスターすげぇ!!!」



タケダ師はその後、ミスターにレクチャーを受けていた。


misuta takeda.png


すると、タケダ師がヒット!

だが残念なことに、バラシてしまった!








ミスター「よし、じゃあ俺もカルシファーを使うか。」



彼はそう言って、少し時間が経った時だ。



ミスター「きた!!!!」


いわき 黒鯛釣り.png



すげぇ!!!



暗闇の中、波打ち際に引きずり出された魚のシルエットを見て驚いた。




すげぇ!!!クロダイだ!!!


いわき サーフ 黒鯛 ミスター マチャ.png



カッコいい!



カッコ良すぎるよ!!!



クロダイも釣れるのか・・・カルシファー!






ようやく気付いた…
色んな物を使ってきた…



回り道をしたかもしれない。


でもわかった。

もう逃げないのかって?


何故?僕はもう十分逃げた。ようやく守らなければならないものができたんだ。君だ



だってあたし、あなたを愛してるの!


bandicam 2018-05-15 07-42-23-271.jpg



そうして、私は暗くなった海へ足を踏み入れた…



そして、第一投・・・



ものの見事な根掛かりを披露した・・・



マチャ「もう!ハウルなんか好きにすればいい!あたしなんか美しかったことなんて一度もないわ!!こんなとこ、もういやっ!
もう終わりだ…美しくなかったら生きていたって仕方がない…」


ミスター・タケダ師「・・・。」




・・・私はそう言って、私はリーダーを結びなおすのが面倒になって陸に上がり、一人でパワプロをしながら彼らの様子を恨めしそうに眺め、クランクアップの八時が来るまで耐えた…



きっとシーバスはこれからの時間なんだろうな~と思いつつ、あまり遅い時間まで釣りをすると次の日の仕事に影響がでるので、ここで今回はストップにした。





なんか、ジブリのあの作品・・・え~っとなんだっけ?


あれだよあれ・・・



あのカッコいい人が出てくる作品なんだっけ・・・


ゲド戦記じゃなくて・・・



もののけ姫じゃなくて・・・



そう!



紅の豚!




なぜか無性に紅の豚を見たくなって、帰りにゲオに行ったのでした。






ハウル…ごめんね、あたしぐずだから。ハウルはずっと待っててくれたのに…




2018.05.14