【旅の途中に…】








【旅の途中に…】


午後7時半。


私はアドバイザーのミスターと合流し、これから始まる旅路がいかに険しい物とも知らずに、のほほんと車を走らせた。



ミスター「腹減ったな~。」
マチャ「オレ、減量中なんでプロテインバーでいいです!」

ミスター「それには付き合えん! あ!うどん屋あるよ?」
マチャ「行きましょう!」


そしてわれわれは車を走らせ約10分後にはうどん屋に入っていた。




マチャ「うどんは太るから~・・・お、これがいい!」

勝手にチョイスする天丼!その名も「お好み天丼」

結果・・・ダイエットとは無縁な物になった…

nBGPV1bh.jpg


うどん屋を後にして数分走った時だった!


ミスター「あ!トイレ! コンビニ寄って!」
マチャ「わかりました~!」


そして、コンビニに寄った時だった。

bandicam 2018-05-24 08-14-39-739.jpg



食後のコーヒーをミスターが私に買ってくれたのだが、くしくもコンビニのクジで、このタイミングでガリガリ君を引き当てるといういらない天運に見舞われた…

misuta-.png


二人で「いや、くえねぇし!!!」とツッコんだ事など言う必要もあるまい。



それから罰ゲームの様にミスターはガリガリ君をしぶしぶ食べ、我々は目的地である印旛沼へと向かうのだが、旅が始まってから約2時間たったと言うのに、まだ友部サービスエリアにわれわれはいた。



いったい何がどうなってこんなに遅いペースで旅が進んでいるのか皆目見当もつかなかった。


その遅さときたらまるで亀である。






マチャ「今日、予報では雨降る予定になっちゃってますから、早く現場にいって仕掛け入れましょう!」

ミスター「大丈夫だよ!曇りだって予報では言ってた!」




・・・私は知っていた。


予報では夜の3時から朝の6時までが降水確率90%であるという事を…




つまり、それは「今日」ではなく「明日」である。



そして、断言しよう・・・


90%の降水確率なんてまず100%雨が降ると言っているようなもんだ。



そして現場に到着した我々に会話は無かった…



これから始まるであろう苦悩が容易に予想出来たからだ…




土砂降りの雨…



泥まみれの足元…



24時間営業と言いつつ閉まっているマクドナルド…




希望の光を求めた…



私達は一縷の望みを抱き、少しでも心に残った熱意の灯を大事に大事に守るべく、取りあえずま~ココスに行った。


マチャ.png


「曇り」と豪語していたミスターもこの表情である。


カミツキガメ 釣り マチャ 印旛沼 ミスター.png


この時点ですでに日が変わっている…



外は暴風雨…



遠征先で希望の光を今にも失いそうなギリギリのこの状況で私はフライドポテトを頼んだ。


bandicam 2018-05-24 08-15-05-695.jpg


ダメだ…



このポテトではダメだ…(店から怒られるな。しかし言わせてもらおう)



いいですか?



フライドポテトってのは大きく分類して3種類!



まず、マクドナルドの様な形成タイプ! イモを切っただけの様なフォルムのナチュラルタイプ。そして、食感重視のクランチタイプだ!


・・・そして、味の順番は、形成⇒ナチュラル⇒クランチの順だ。


なかでもマクドナルドのポテトは誰もがわかる通り物凄く美味い!


あれはもはやハンバーガーの店ではなくポテトの店である!


因みに、ガストの山盛りポテトはコスパが最強種だ!



結果・・・クランチポテトが出てきた私の心の灯は消えてなくなった。


bandicam 2018-05-24 08-15-10-018.jpg


ポテトをこよなく愛する私が言うのだ!間違いない!





さて、減量中という事をいったん棚に置いて現実逃避していた私はふと窓の外と見た…




…暴風雨だった。








良いさ…このままこの店で夜が明けるのをまとう…




今日は釣りに来たのではない…




ドライブさ…







すると、私達二人を追い込む驚愕の言葉が店員さんから放たれた…




「閉店のお時間です」






今にも泣きそうな二人がどんな旅をしてきたのか…




コチラをご覧ください(涙)↓