【大津にある巨大天丼の店゛天津丸”で巨大天丼を頼む!】






【大津にある巨大天丼の店゛天津丸”で巨大天丼を頼む!】


釣りに出かけて釣れないという事は極普通にある。





・・・冬にかぎっては。






この日も「釣り」に出かけていた。




私の相棒「ミスター」と「タケダ師」と三人で中之作・江名港に行ったが、ポイントがダメで移動。

平潟港・大津港と行ったが、あまりの暴風に竿を出すどころではなかった。



移動しただけなのにすでに昼の時間になっていて、大食漢が三人集まってすでに昼飯を何にしようかとすっかり「釣り」に来たことを忘れていた。






メシを食べる事について、何が大事か…





それは「満たされる事」である。





大体メシとは「満たす為」にある。




だから満たされないメシ等食うに値しないのである!




そこで、私達は大津といったらあのお店・・・的な存在である「マルサーラ」に行こうと考えた!

DSC_2453-thumbnail2.jpg


E3839EE383ABE382B5E383BCE383A9-thumbnail2.png







意気投合してマルサーラに行くと絶望的な光景が目に飛び込んできた・・・







・・・混みすぎ・・・。







無理だよ・・・






今にも倒れそうなのに、容易に想像できる待ち時間を過ごすなんてできっこない・・・







私達の顔には微塵も「笑顔」になりうる力が加わっておらず、もはや瞼が落ちそうな半開きの目でマルサーラの駐車場をながめていた・・・






しかし、私は閃いた!




大津にはたしかデカ盛りの店があったはず!


その名も「天心丸」



巨大天丼で有名だったはずだ!






腹ペコの私達はお店に電話をしてレッツゴー!




そして、まもなくして到着した!

図3.png




この時点ですでに満腹度は「0」状態。



風来のシレンでいえば、一歩ごとにHPがすり減っていくような状態である・・・




ギリギリの状態でお店にて「天丼♪」と、注文し、極力動かない様に我々はその時を待った。





それはそれは待ち焦がれた。



意中の異性が存在し、もうすぐバレンタインデーだなぁとか考えつつも、学校にチョコレートなんて持ってくるリスクをおかしてまで「まさか俺にチョコレートなんてくれるわけないよな・・・」なんて考えながらも、もしバレンタインデーにチョコをもらえたなら「俺も好きだよ!」なんて事を言える切っ掛けになるのにな・・・なんて淡い恋心を抱きつつ、もうすぐバレンタインデーを毎日想像しながら儚い祈りをささげる小学6年生の男子学生の如く待った…

ちなみに大概の場合、その馳せた想いは実る事はなく、無駄に放課後まで残っているイタイ奴になるパターンが一般的である。





しかし、我々には来る・・・






天丼!!!!


E1qy08Ix.jpg



デカい!




引くほどデカい!!!!


図2.png



デカい!デカすぎる!!!

5cZ_q8qg.jpg



何度見てもデカい!!!
図7.png








ええい!



デカけりゃいいって問題じゃないんだ!






いいですか!?


「大は小を兼ねる」・・・ですか!?
本当にそうですか!!?!?


自分はそうは思いません!
ここでこの私がこの格言に一矢報いたいと思います!
大体ですね、デカいのが本当に良いかと言われれば「?」の時ありますよね!?!??
そうでなければ「iPod」はこんなに小さくならなかったし、TVゲームがポータブル化することもきっとなかったでしょう!
それに女性の胸だって巨乳より私は小さい方が…


…現在私は酩酊しているので、何を書いても良い(そんな法律はない)と思っているので、ここは勝手に無礼講って事にするとして、そもあれそういう事なんですよ!

大きいのが正義なんてのは真っ赤な嘘!






・・・





・・・







・・・しかし、「食」にかんしてはやはり正義・・・



LwEx-wcu.jpg






そして、私達はこの天丼にかぶりついたのだ・・・








真夏の炎天下・・・


自転車もなく、熱せられたアスファルトの上を歩き続け水が飲みたいにもかかわらず、飲める水もない状況・・・
財布などは持っているはずもなく、家に帰るまでには少なく見積もってもあと1時間は歩かなければならないであろうその状況…
そんな中、横を見ると畑になっている真っ赤に実ったみずみずしいトマト…

ダメだとはわかっていても貪らずににはいられない程、自分の理性をコントロールできない極限状態の中、気付けばトマトを両手にもって貪り食っている小学2年生の男子の様にかぶりついた・・・








満たされた腹・・・






食べきれなかった天丼・・・





ついえた夢・・・






甲子園にたどり着かなかった高校球児の様なまなざしで三人は青い空をながめていた・・・






・・・






・・・蒼井そらではない・・・。



2019.01



【関連】